マタニティ歯科

これからママになる方へ

赤ちゃんのためにも知っておいてほしいこと

妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい

妊娠期はホルモンのバランスが崩れます。妊娠性歯肉炎を発症しやすい時期で、唾液の量が減り、お口の中はネバネバしているため細菌が活動しやすい口腔内になっています。
また、つわりによってお口の中に酸が増え、歯が溶けやすく虫歯になりやすい環境になります。歯ブラシを入れるだけで気持ちが悪くなる方もいらっしゃいます。そうなると歯磨きも十分にできません。
食事があまり食べられない方は頻繁に間食をしてしまい、ますます虫歯のリスクが高くなります。

早産、低体重児出産を引き起こす原因に

歯周病が進行すると、歯茎に炎症や出血が起こります。
歯周病菌が体内に入り込むと全身を巡ります。その歯周病菌が原因となり陣痛を誘発してしまい、早産の確立を高くしてしまいます。歯周病による早産、低体重児出産のリスクは歯周病ではない妊婦さんのおよそ7倍ともいわれ、たばこやアルコールよりはるかに高い数値です。
また、胎盤を通じて赤ちゃんが歯周病菌に感染するリスクもあります。生まれてくる赤ちゃんのためにも定期検診で予防、治療を行い、清潔な口腔内を心がけましょう。

妊娠中の予防歯科について

妊婦歯科健診

つわりの時期を過ぎたら、早めに妊婦健診を受けましょう。
口腔内を診せて頂き、虫歯や歯周病の有無を確認し、場合によっては治療、クリーニングなどを行います。
また、妊娠中のケア方法や生活習慣についてなど、不安や疑問にお答えします。

福岡市妊婦歯科健診について

福岡市内に在住の妊婦さんは、妊婦歯科健診(無料)を受診することが出来ます。お気軽にお問い合わせください。

<お持ちいただくもの>

  • 助成券
  • 母子手帳
  • 健康保険証
安心して通える医院づくり

保育士による無料託児

保育士による無料託児

女性歯科医師が在籍

女性ならではの心配り

TOPへ戻る
TEL.092-862-8555